愛知県名古屋キャンパスキャンパスブログ

ストレッチで体を発声しやすく作っています。
ストレッチで体を発声しやすく作っています。

こんにちは、名古屋キャンパスの齊藤です。
 
名古屋キャンパスで行っている中学生サポートコース「くれしぇんど」で、先日授業の前に生徒たちと「ボイストレーニング」を行いましたのでその様子についてお伝えします。
「ボイストレーニング」は、単に大きい声を出すための練習ではなく、「まわりに伝わる声(=よく通る声)」を出すことを目標にしています。
トレーニングを指導するコーチから次々に出る指示は、「両手を翼の様に大きく後ろへ広げて」とか「片手で後頭部を押して首筋を伸ばして」等とストレッチが多く、その次に呼吸法、最後に声の出し方でした。
参加した生徒たちは、言われる通りに思い切り体を動かしていました。その結果、みんな非常に通る声で元気よく話せるようになりました。

発声ひとつで相手の受ける印象は変わります。今後この経験が色々な場面で役立つと思います。
「くれしぇんど」で将来役立つ経験を出来たらいいですね。