新潟県新潟キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2525

みなさん、こんにちは。前回ブログでは、大学合格を決めた生徒のロングインタビューをお届けしましたが、この時期になると3年次生は高校卒業後の進路を具体的に決めていきます。時期が来たからなんとなく決めるというよりは、これまでの高校生活の中でいろいろな経験をして早めに自分の目標を決められたほうが、気持ちの面も含めていろいろと準備ができますよね。KTCおおぞらの生徒は選択授業「みらいの架け橋レッスン®」で様々な分野の体験をしながら、自分の「好き」を集めてなりたい大人になるための進路決定をしていきます。10月にも様々な分野を体験しましたが、今回はコンピューターの分野と調理の分野の体験をご紹介したいと思います。

VR

今回は、新潟キャンパスの近くにある新潟情報専門学校様にご協力いただきました(卒業生もお世話になっています)。まずは、VRの体験(最近、上記の写真のような風景をよく見ますよね)。数年前よりもかなり一般的になったので、体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?ゲームと組み合わせるととっても面白いですよね☆。コンピューターの分野を学ぶとなると、こういったVR映像などを作っていく立場になります。ユーザーの視点をもちつつ、何かを作っていく視点が必要になってきますね。このあとは、今やプログラミング教材としては有名になったScratch(スクラッチ)を使って、プログラミングの基本を学ばせていただきました。今は、コンピューターの分野に興味のある生徒は多いですが、実際に体験をしてみると将来のイメージも湧きやすく、「今」自分が何を身につければいいのかなということも感じ取ることができます。

さて、次は調理の分野です。こちらも新潟キャンパス近くの専門学校(シェパ)様にご協力をいただきました(こちらも卒業生がお世話になっています)。

パンナコッタ調理が好きな生徒も多いですが、実際に「商品」としてつくるとなるとそれなりの注意が必要です。こちらも食べてくれる人のことも考えながら作っていかなくてはなりませんね。今回は「パンナコッタ」を作らせていただきました。味も大切ですが、もちろん見た目も大切です。どんなことを考えながら作っていくべきか・・食べるだけとは違う経験になったのではないでしょうか?KTCおおぞらでは、みらいの架け橋レッスン®内で、このほかにもたくさんの分野が経験できます。一見、つながりのないように見える分野でも実は共通点があったり、それが将来の仕事をする上で共通のことだったり・・・こういうことってなかなか教科書だけでは得られないことですよね。理屈をいわれてピンとこなくても、実際に経験をすることで頭と身体で学ぶということが、大切なのかなと思います。KTCおおぞらでは、もちろん机に座ってする学習も毎日していますが、時にこういう体験をしていくと、学習の身につきかたもかわってくるのかもしれませんね。

KTCおおぞらは「なりたい大人になるための学校®」ですが、どんな風になりたい大人を目指していけるのか?を知りに、一度新潟キャンパスに来てみませんか?

<見学・相談随時受付>電話:0120-75-1105 ※ページ下方のボタンより、WEBでの見学・相談予約および資料請求が可能です。