新潟県新潟キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2525
卒業生代表挨拶の様子
桜の開花が待ち遠しい季節になりました。長い冬が終わり、春が近づいてきました。春は出会いと別れの季節。ここKTCおおぞら高等学院 新潟キャンパスにおいても、令和3年度卒業式を執り行い、卒業生がなりたい大人を目指し旅立っていきました。卒業生の皆さん、感動的な卒業式をありがとう。今回はその中の卒業生代表挨拶の内容を一部抜粋してお届けします。

~卒業生代表挨拶~
2年前の秋、初めて話を聞きに新潟キャンパスの扉を開きました。そこで担当してくれたコーチがとても優しく、私の話を最後まで聞いてくださいました。家族以外で自分の気持ちを話せる人がいなかった私は「ここなら頑張って通えそう」と思い転校することに決めました。ドキドキしながら学校へ入ると、コーチの方々が笑顔で挨拶をして迎えてくださり、お昼には「一緒にごはんを食べよう!」とフレンドリーに話かけてくれる同級生がいたり、それまでにない環境にとても驚いたのを覚えています。
2年次生になり、コーチの方々から留学をすすめられ、勇気を出してカナダのバンクーバーへ行くことにしました。実際にカナダ留学に参加してみると文化の違いに驚きました。ホームステイ先で食べ物が合わず悩んだ時は、自分からコーチや留学経験のある友人に相談し、アドバイスをもらうことができました。そこで自分の気持ちを相手に伝えないと分かってもらえないと教えてもらい、勇気を出して自分の気持ちをホストファミリーに伝えてみたところ、ホームステイ先の両親は笑顔で対応してくださいました。このことで改めて自分の気持ちをはっきり伝えることの大切さを実感し、私の価値観は大きく変わりました。留学をきっかけに「自分の主張」を相手に伝えるよう心掛けていたら、帰国後しばらくして、周りの人たちに明るくなったね! と言われることが増え、それだけでなく、後輩やそれまではあまり話したことがなかった男子にも友だちができました。カナダ留学を経験できたことで、私の考えは大きく変わり、進路を決めるきっかけにつながったと思っています。留学をすすめてくださったコーチの方々、こんなに良い経験はもうできないと背中を押しくれた祖母には感謝しかありません。本当にありがとうございました。コーチの方々との関わりや留学を経験したことで自分の視野が広がり、将来は自分と同じように人間関係で悩んでいる人の手助けをしたいという大きな夢ができました。ここで出会えた方々のお陰で自分はとても成長できたと思っています。
たくさん相談にのっていただき、私に合ったアドバイスをしてくださったコーチの方々、楽しい時間を一緒に過ごしてくれた友人、そして、たくさん迷惑をかけてしまったけど全てを受け入れてくれた家族にたくさんの感謝を伝えたいです。本当にありがとうございました。

感動的な卒業生代表挨拶でした。
KTCおおぞらだからこそできる体験は、生徒に様々な気づきを与えます。KTCおおぞらで気づいたこと、KTCおおぞらで描いた夢、これからも大切にしてください。KTCおおぞらのコーチは、いつまでも皆さんを見守っています。