岡山県岡山キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4040

【他己紹介】の様子です
【他己紹介】の様子です

5月14日、岡山キャンパスにて2年次生の保護者を対象に懇談会、修学旅行ガイダンスを行いました。
また、新年度が始まり、新担任も決定したため、改めて保護者の方にもご挨拶させていただきました。

今回の内容としましては、前半に保護者の方同士で『他己紹介』というものを行いました。
「自分」のことでなく「子ども」のことを他の保護者へ紹介するというものです。
聞く側は「うなずく」ということと「プラスの言葉(『すごいですね!』『素敵ですね!』など)」で返すということをお願いしました。
お互いに初めて会う保護者が多かったのですが、段々と緊張もほぐれ、しだいに同じ想いや、同じ悩みを共有し会話も弾んでいました。
参加後、保護者からは『うなずいてもらえたり、プラスの言葉で返してもらえると、ちゃんと話を聞いてもらえている気がして話すぎてしまいました(笑)』『子どもと話をする時、叱ることが多かったような気がします。今日学んだことを活かして、もっと耳を傾けてみようと思いました』との声もありました。
ぜひ、ご家庭でも「うなずく」「プラスの言葉で返す」という点を試してみてください♪

後半は2年次生を対象とした修学旅行についてのガイダンスを行いました。
KTCの修学旅行はカナダ・アメリカへの5泊7日なのです(^^)
しかし、海外ということもあり心配される保護者も多かったため今回のガイダンスを行いました。

ガイダンスでは実際に昨年修学旅行に参加した3年生たちが当時の様子や、帰国後の感想を伝えてくれました。
また、昨年参加した保護者にも来ていただき、参加までの経緯や帰国後の息子の様子を伝えていただきました。
『息子曰く、これまでの人生の中で、こんなに集中したことはなかった。本気で集中すると身体中の穴という穴が全て開く、身体中を耳にして相手の言葉を聞きとろうと必死だった。英語がわからないから、その人の表情から得られる情報を得ようと瞬きもできない程、相手の口元を観て目が乾くほど集中したそうです。日本に帰ってきて変わったことは、
【相手ががどこを強調して話をしているのか、一番伝えたいことは何なのか、心の中で本当に思っていることは何なのかを意識して会話するようになった】
ことだそうです。子どもの好奇心を刺激するとスポンジのように何でも吸収できることが親として気付かされました。』という言葉にうなずく保護者の様子がとても印象的でした。

また、KTCでは修学旅行に限らず、生徒の目的や目標に合わせて様々な国に留学できるチャンスがあるので、興味のある方は気軽にお問い合わせください。

今回はお忙しい中にも関わらず、多くの保護者の皆様にご参加いただきありがとうございました。
今後もKTC岡山キャンパスでは保護者の方々と一緒により良い学校にしていきたいと考えておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

スライドショーを使いながら去年の修学旅行の様子を語ってくれました☆
スライドショーを使いながら去年の修学旅行の様子を語ってくれました☆

去年の修学旅行に参加した生徒の保護者より『子どもの吸収力には驚かされました』
去年の修学旅行に参加した生徒の保護者より『子どもの吸収力には驚かされました』