愛知県岡崎キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2929

こんにちは、岡崎キャンパスの鈴木です。早いもので、2020年度も始まって半年が経ちました。岡崎キャンパスに通ってきている中学生サポートコース「くれしぇんど」の生徒たちも、この半年でいろいろなことに挑戦し、そのためか表情や会話の中にも明らかな成長が見られるようになりました。

9月最後の「くれしぇんど」では、実践形式で手話を学びました。まずは簡単な挨拶、そして自己紹介、さらには誰もが知っている有名なネズミのキャラクターやTwitter、InstagramなどのSNS、果ては新型コロナウイルスに至るまで、何でも表現できることに驚きながら手話を習得。最後はAKB48の「365日の紙飛行機」をメロディーに合わせて手話で歌うという、難易度の高い試みにチャレンジしました。

「365日、のところが手の動きが多くて忙しい」「手だけじゃなくて目線も動かすんだね!」と、悪戦苦闘しながら何度も練習し、最後はミュージックビデオに合わせて手話で「歌い」ました。

最後に感想を聞いてみると「手話はニュースやアニメで見たことがあったけど、実際にやってみたのは初めてでした。自分の知らなかったことが学べて、とてもいい経験になりました」と前向きな答えが返ってきました。

中学生サポートコース「くれしぇんど」では、普段なかなか体験できないような授業や学びを取り入れ、中学生たちの興味・関心の分野が広がるような取り組みを行っています。中学生たちにとって「くれしぇんど」が良き学びの場であるとともに、確固たる居場所になれるよう、今後も新しい挑戦を続けていきたいと思います。