埼玉県大宮キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1515
皆さんこんにちは!
最近、建物などに映像を投影し、光と音の演出で幻想的な空間を作り出す人気のエンターテイメントがあるのを知っていますか? この技術を「プロジェクションマッピング」といいます。先日、宝塚大学の渡邉先生にお越しいただき、プロジェクションマッピングについての授業を行ってもらいました。大宮キャンパスでは、みらいの架け橋レッスンで大学や専門学校の先生に来ていただいて特別授業を行っています。

200229oomiya2.png
授業では、先生が今までに手掛けた作品や研究室に所属している学生の作品を実際に見せてもらいながら、プロジェクションマッピングの歴史やグラフィックのデザインについて学びました。
プロジェクションマッピングはプロジェクターを使い、建物や壁など、その対象に合わせて映像をマッピングし、さらに音や光、動画などを使うことで見ている人に"イメージを伝える"ものだそうです。

これからの時代、ひとつのことを学ぶだけではなく、アンテナを張りマルチな視点を持つことが必要になってきます。様々なメディアを用いてデザインを行うプロジェクションマッピングについて学ぶことで、進路や将来を考える貴重な体験ができました!