埼玉県大宮キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1515

みなさん、こんにちは。KTCおおぞら高等学院 大宮キャンパスです。
今年もそろそろ冬支度の季節になってきました。近頃では、あえてダウン(水鳥の羽毛)に化学繊維を混ぜることで、100%ダウンよりも暖かく、そして家で洗濯もできるという新素材系アウターも売られるようになってきました。火に強い素材も増えてきて、キャンプやアウトドアといった場面でもファッションを楽しみながら本格活動が両立できるとは、本当にいい時代になりました。
コロナ禍でネガティブなニュースも多い中、実は日進月歩で発展を遂げている明るいニュースもたくさんあります!

ところで今回のタイトルを見て、カタカナの羅列に「???」となった人もいるかもしれません。屋久島おおぞら高校とKTCおおぞら高等学院が教育の大きな柱として掲げている要素はいくつもあるのですが、その中の一つに「SENVUS(センバス)教育」というものがあります。聞きなれない言葉ですが、それもそのはず、造語なんです。
以下、センバス教育みらいプロジェクト(https://www.senvus.com/)より

【センバスとは、ラテン語の「SENSUS(感覚)」と「VIVUS(生活)」からとった造語。人と人、人と自然が、もっともっとつながれば、人の、暮らしの、未来を希望に変えられる。センバス教育みらいプロジェクトは、全ての世代の一人ひとりに希望を描くことができる、教育や体験をお届けします。】

ということで、今回は大宮キャンパスのある埼玉県で一泊二日のキャンプを実施しました。
検温やPCR陰性証明の提出、キャンプ中のマスクに距離の確保など、万全の体制で臨んだ今回のキャンプで、ここ最近ずっとできなかった体験がいくつもできました!マチナカセンバスキャンプ まずは初日。マッチやライターを使わず火花を散らしながら火おこしをして、有機栽培の大豆を使った「チリコンカーン」と大きな鉄板で本格「パエリア」を作ったり、星空の下ウッドデッキで語り合ったり...。夜は結構冷えました。でも、星空とたき火が奇麗でした。朝の澄んだ空気の中、朝食から火おこし → ポトフ作り → 朝BBQと、豪華な食事を満喫しました。あっという間の二日間で、楽しすぎて時間が足りないとみんなが心の底から思いました。とても素敵なメンバーに恵まれ、最高の時間を共有できました!

「次のマチナカセンバスキャンプでも絶対会おうね!」と約束し、楽しく学びの多い時間は終了です。次回は、この記事を読んでくれているみなさんが、この経験を私たちと共有してくれると嬉しいです! このイベントはおおぞらの生徒でなくても参加できます。みなさんの参加を心からお待ちしています!(もちろん、感染症対策へのご協力もお願いします!

センバス教育みらいプロジェクト最新情報はLINE @665ktymeで友だち追加してください。