佐賀県佐賀キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=28eJwzsTQxMQIAAyMBCA48

こんにちは、佐賀キャンパスです。

先日、佐賀キャンパスの生徒が屋久島スクーリングから帰ってきました。
入学してから最初のスクーリング。
「ずっと雨やったぁ〜。規則正しい生活してきた〜。」
戻ってきた日にキャンパスに寄って、そう話してくれました。
行く前は、緊張と不安で表情がこわばっていたのに…
達成感が感じられるほどの笑顔でした。

KTCの生徒は年度に一度、屋久島にある本校へスクーリングに行きます。
ただ単位を修得するためではなく、それ以上に大事にしているものがあるんです。

「そこに生命(いのち)がある」

屋久島という環境の中で、生徒一人ひとりが自分の生命と真摯に向き合ってほしい、そして自分以外の生きているもの全てが「そこにあり」
同じ生命を持つものとして大切な存在であることを感じてほしい、という願い・ねらいを込めて「そこに
生命(いのち)がある」というコンセプトの下でプログラムを実施しています。

スクーリングで初めて出会った、全国各地に通う同じKTC生と屋久島おおぞら高校の先生。
彼らとともに5日間をクラス(チ―ム)で過ごします。
初めての仲間とどうチームを創り上げていくのか。
人との関わりの中で感じた自分自身の気持ちと向き合う時間。
問題解決学習を通して、仲間の大切さや自分がどのようにチームに関わっていくのか試されます。

「ひとりじゃない」
そう思えるのがスクーリングです。
誰かとどこかでつながっているんだ。
その一人ひとり、一つひとつが自分にとって欠かせないもの。
もちろん、自分も大切な存在であるということ。
そこに気づいてほしい。実感してほしい。
そういう思いで、これからも生徒たちをキャンパスから屋久島へ送り出しています。


KTC中央高等学院 佐賀キャンパス
お問合せ:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com
個別相談会 毎週月・水・金・土 開催中(要予約)