東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919

先日、カナダ バンクーバーへの短期留学ワールドオリエンテーションに参加してきました。このプログラムはバンクーバーに1週間滞在し、英会話レッスンやアクティビティを楽しみます。また、ホームステイ体験を通して、リアルな英語やカナダの日常に触れることができます。1週間ということもあり、このプログラムに参加する生徒の殆どが海外に行ったことがありません。そのため、全てが初めての体験でした。異国の地でのホームステイ、登校、買い物、など... 日本では当たり前にやっていたことがカナダでは当たり前にできません。
「ファストフード店でハンバーガーを買おうとしてもなかなかうまく伝わらない。」
「ホームステイ先でのシャワーの使い方がわからない。」

参加生徒は様々な不自由体験をしました。
ワールドオリエンテーション初日、二日目と緊張や不安を見せていた生徒でしたが、そういった体験を一つずつ乗り越えていくことで自信がつき成長する様子がみえました。最終日に近づくにつれて「昨日は〇〇に行ってきた。」「バスでカナダ人と会話した。」などの報告を楽しそうにしてくれる生徒が日に日に増えていきました。最後の振り返り授業では生徒から様々な感想を聞くことができました。
ワールドオリエンテーション「海外は思っていたより怖くなかった。」「最初は行きたくなかったけど、来てよかったと今は思っている」「自信のない自分を変えたくて参加した。1週間海外で過ごせたことは自分の自信になったと思う」など初日とは比べ物にならないぐらい明るい表情で各々発表していました。 日本に帰ってきてからは「帰国報告会」が待っています。体験したことをアウトプットすることはとても大切なことです。ワールドオリエンテーションの集大成として今は発表に向けて準備期間です。最後まで頑張りましょう!(中井)