東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919
ホワイトボードアプリを使った授業の様子

みなさん、こんにちは。東京キャンパスの伊藤です。
まだまだ暑い日が続きます。新型コロナも気になるところですが、この時期に関しては熱中症の方がこわいかもしれません。どちらも気を付けていきましょう!

さて、東京キャンパスでは夏休みが明けて授業が再開していますが、特進コースも同じく再開しています。引き続きオンライン授業を軸にしつつ、登校しての学習サポートも受けられます。特に3年次生はそれぞれのもっとも学びやすい環境で受験校に向けた学習を継続しています。
そんな中、私が担当している1年次生の授業では、ホワイトボードアプリを活用した授業をスタートしました。

まだまだオンラインでの授業となるとコーチからの一方通行になりやすいので、アプリを活用することでインタラクティブ(双方向)の授業にできるだけ近づけようというチャレンジです。

まずは数学の授業の導入として、果物の名前を生徒の皆さんにどんどん書いてもらって、それをグルーピングして集合の考え方の入口を学ぶという授業を実施しました。生徒の皆さんはすぐに積極的に書き出してくれていました。きっと多くの大人よりも抵抗が少ないんですね。

特進コースで導入した理由はもちろん、進学につながる学びになるからです。写真だけ見ると子どもじみて見えるかもしれませんが、自らの手を動かすこと、そして双方向でおこなうことは、一方通行で話を聞くだけの授業の何倍もの効果があります。これから生徒の皆さんと一緒に学びの時間を作り上げていこうと思います。

KTCおおぞらでは、今、これまでになかった新しい取り組みをどんどんおこなっています。
詳しく知りたいと思ってくれた方はぜひお問い合わせください。