東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919
卒業式を終えた生徒とマイコーチ
先日東京キャンパスでは前期の卒業式を迎えました。
今日は卒業生、中原さんの代表挨拶を一部ご紹介します。

私は2年のちょうどこの時期に転校してきました。最初は学校に馴染むことができませんでしたが、ずっとやってみたかった軽音でバンドを組み、ボーカルとして学園祭や保護者会でステージに立つという経験をすることができました。メンバー同士のすれ違いや価値観の違いで悩んだ時もありましたが、周りの友だちやコーチが親身になって話を聞いてくださったりメンバーで話し合って乗り越え、本番では成功させることができました。相手を尊重することや本番を成功させる大変さ、結果はついてくることなどが学べ、私にとって大きな影響を与えてくれました。
スクーリングでは、初めは「年下に友だちいないし」と少し複雑でした。しかし行ってみると色んな人がいて、みんなフレンドリーで仲良くなるのに年齢は関係ないと知ることができ、たくさん友だちを作ることができました。
コーチ方には勉強面では私が「わからない!」と駄々を捏ねてもわかるまで付きっきりで教えていただき手を焼かせました。生活面では昼食を一緒に取り趣味の話をしたことや恋の相談や進路のことの相談に乗っていただいたことなど、最後まで沢山面倒を見ていただきました。特に金森コーチには2年間マイコーチ®として一番話をし、私のことをすごく理解してくださりました。コーチ方の励ましや時には厳しいご指導の元今日を迎えられたと言っても過言ではないほど感謝しています。
そしてお父さんお母さん、高校3年間通わせてくれてありがとう。本当に沢山迷惑をかけたし怒らせてばかりで二人に大変な思いばかりさせてごめん。それでも私がやりたいことを応援してくれて、昔から変わらない笑顔で居てくれて毎日楽しく幸せに生活できました。本当にありがとう。
KTCおおぞらでの思い出や出会いは一つひとつがとても濃く、自分に自信がなく一人では何もできない私を変えてくれました。 学んだことを忘れず、糧にして夢のために頑張っていきたいと思います。

写真は式の後にマイコーチと一緒に撮ったものです。挨拶の中に中原さんらしいエピソードが散りばめられていて、彼女が楽しんで高校生活を過ごせたことが伝わってきました。

KTCおおぞらは前期後期制をとっているため、9月に卒業をする生徒が毎年います。
3月卒業生より人数は少ないですが、その分人とは違うオンリーワンの経験をしてきた生徒ばかりです。その経験は今後の人生にもきっとプラスになると思います。卒業生のこれからの活躍にも期待しています!(金森)