東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919
英単語を覚える付箋

こんにちは。東京キャンパスの古瀬です。
首都圏では緊急事態宣言が発出されており、不要不急の外出の制限など、さまざまな工夫や協力が必要な状況です。できるだけ早い宣言解除に向けて、一人ひとりが自分のこととして捉え、行動変容を行っていきたいものです。

さて、先日、大学入学共通テストが実施されました。大学入学共通テストと名称変更されて第1回目の受験生のみなさんは、試行調査等あったものの、どのような問題が出題されるかという不安と緊張、そして新型コロナのこともあり、例年以上に苦労が多かったことと思います。受験されたみなさん、本当にお疲れさまでした。

私は、アドバンス学科特進コースで、英語の授業を担当しています。共通テストの英語を振り返ってみると...
①発音・文法問題は全て廃止されすべて文章読解となった
②リード文もすべて英語で記載されるようになった
③大部分がただ文章を読むだけでなく、イラスト・グラフなど資料と関連付けて正答を導き出す問題となった
④語彙数が昨年のセンター試験と比べ1,200語以上増加した(総語彙数:約5,500語)
という特徴が上げられます。

試行調査の段階で、発音・文法問題はなくなっており、リード文が英語となるというのも想定通りでしたが、語彙力の重要性が昨年より格段に上がりました。英単語の学習は、地道で単調な作業になりがちです。しかし、英単語をきちんと覚えるだけで、高得点が狙える教科でもあるのです。

英単語を覚えるには、とにかく出会う回数を増やし、正しい発音で覚えることが重要です。私は学生のころ、英単語を覚えるために、大きめの付箋に、覚えたい単語・意味・発音記号を書いて、勉強机の周り、洗面所、ベッド上の天井など至るところに貼り、単語を覚えました。それを見た友人には驚かれましたが、おかげで大学受験を乗り切ることができました。

今は、スマートフォンアプリを利用するのも良いですね。私は今でも、余裕があるときには、通勤の際に、スマートフォンアプリでネイティブの発音を聞きながら、単語の勉強をしています。音声による単語学習は、リズムがあるものが楽しく続けられておすすめです。

ここまで、受験のことをお話してきましたが、もちろん、進学だけがすべてではありません。KTCおおぞらは、なりたい大人になるために全力でサポートします。もし、そのなりたい大人の実現のための選択肢として、進学が必要というみなさんに、少しでも参考になっていれば嬉しいです。

さあ、春はもうすぐです。輝ける未来を信じて、一緒に頑張りましょう!

(古瀬)