東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919

絵を描くことが好きな生徒今回はみらい学科™のマンガイラストコースについてご紹介します。
昨年度までは、東京キャンパスの同コースは通信添削のテキストコースのみでしたが、今年度からはノーマルコースにグレードアップしました!
ノーマルコースの特徴はキャンパス内で担当コーチと共に課題を進めることができる、という点です。つまり、コーチも生徒たちの取り組みを間近に見ることができるのです!

ということで、マンガイラストコースの取り組みをご紹介していきます。
普段はデジタルで絵を描くことが多かったり、アナログで絵をかいてもペン入れまではしなかったり、という生徒が多かったので、マンガ家気分を味わえるつけペンを体験してもらいました。ペン先を変えることによって描ける線が変わったり、力の入れ具合によって線の持つ表情が変わることに感激していました。
ペン先による違いを確かめたら、絵を描きます。今回はすでにコピーされた線をなぞることでつけペンの練習をしました。キャラクターの衣装やポーズを見ながらどのペンを使うか、どんな線で描くかを考えます。丁寧に線からはみ出さないようになぞるよりも、思い切りよく線を引くことで、キャラクターが生き生きとしてくるのがとても不思議です。
初めての挑戦でしたが、力強い作品ができました。

マンガイラストコースでは好きな絵を仕事にしたい方々、大歓迎です。マンガやイラストの基本から身につけ、プロでも通用する力を目指します。