東京都東京キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919
笑顔で正面を見る生徒
立命館アジア太平洋大学に合格した生徒にインタビューをしました!
彼女はもともと英語が好きで留学がしたいという思いでKTCおおぞらに入学した生徒です。そんな彼女がどのようにして立命館アジア太平洋大学に合格したのかを聞いてみました。

1.アジア太平洋大学に興味を持った理由は?
1年次に三者面談でマイコーチ®に勧められたのが最初のきっかけです。生徒と教員の半数ずつが外国から来ているところに興味を持ちました。それまでは大学どころか進路のことは何も考えていませんでした。また、手先が器用だったので、第二次産業に就職したいと考えていました。

2.体験授業、オープンキャンパスにはいつ頃参加しましたか?
体験授業は2年の冬頃、大学主催のプログラムは3年の4月ごろ、オープンキャンパスは5月ごろに直接大分県まで行きました。総合型選抜を受ける上では、こういったプログラムに参加していたことで大学の雰囲気も分かるし、面接にも役立ちました。

3.入試までの準備期間と内容は?
3年次の1年間に全てを詰め込みました。英検2級は2年次の11月、韓国語能力検定は7月、ハングル語能力試験は5月に受けました。また、8月中の2週間は日本の次世代リーダー養成塾に参加しています。面接練習は10月10日の本番に向けて9月から練習を行いました。頻度は毎日3回ずつの大体60回ぐらい練習をしました。最初は質問に対して上手く答えられなかったけど練習を重ねるごとにどんな質問にも答えられるようになりました。

4.実際本番はどうでしたか?
志望理由書はコーチに添削をお願いし、自分が言いたいことを綺麗にまとめてくれたので本番は上手くいきました。

5.残りの高校生活はどのように過ごしますか?
数学と英語の勉強をしたいです。もともと数学が大の苦手ですが進学先の学部で統計などをやるのでそれまでに分かるようになりたいです。英語は入学前にレベル分けテストがあるのでそれをモチベーションにしています。

6.後輩にアドバイスをお願いします!
好きなことをやらせてくれる高校なのでとにかく好きなことをやればいいと思います。私はもともと英語と韓国語が好きでそれがきっかけで進学希望先も決まり、そのがんばりが認められて大学に合格しました。

新入学、転入学をご希望の中高生のみなさん、お気軽にお問合せください。