静岡県静岡キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2727

静岡キャンパスでは、今週は「防災ウィーク」と題し、心肺蘇生やAEDなどの救急救命の方法や地震防災センターでの学習を通して「防災」のあり方を勉強しています。
 
静岡県では、ここ数十年の内に南海トラフ地震が極めて高い可能性で起こり、甚大な被害を受けることが想定されていますので、普段から災害が起こった場合の対応方法をシミレーションしていくことが重要です。
 
昨日行った授業では、神戸市消防局が作成した「ダイレクト・ロード」という災害対応シミレーションゲームを用いて、実際に災害が起こった場合の対応方法のあり方を学習しました。
 
このゲームでは、生徒が5~6人で1チームを組み、制限時間中に断片的な情報を基にし、災害対応の方法や優先順位などを学習しました。チーム内で、和やかな雰囲気でありながらも真剣に話し合いをしている生徒たちの姿がとても印象的でした。
 
静岡キャンパスでは、「備えあれば憂いなし」の精神で今後も大災害を想定した防災教育を行っていきます。キャンパスでの授業風景に興味のある方は、お気軽に見学に来てくださいね♪
 
(横山) 

和やかな雰囲気での話し合いです!
和やかな雰囲気での話し合いです!

真剣に相談中です!
真剣に相談中です!