静岡県静岡キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2727
静岡キャンパスTERA-KOYA’sリーダーの横山蒼空さんが活動を牽引してくれています。
みなさん、こんにちは。静岡キャンパスの岩田です。
今日は、静岡キャンパスの生徒が主体となって取り組んでいる「SDGs」への活動について紹介します。「SDGs」とは2015年9月の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟193か国が2030年までの間に達成するために掲げた国際社会共通の目標です。
SDGsには17の大きな目標があり、静岡キャンパスでは授業内などで継続的に取り上げて生徒たちみんなで「自分たちにできることは何か」と考えてきました。

そしてこの度、屋久島おおぞら高校が参加している、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟主催の「世界寺子屋運動」を活動の中心として、生徒有志で「静岡キャンパスTERA-KOYA's」を結成し始動しました!
「世界寺子屋運動」とは、世界の教育を受けられない子どもたちに教育を受ける機会を作り出すための活動です。まさにSDGsの17の目標の「質の高い教育をみんなに」への取り組みです!

「静岡キャンパスTERA-KOYA's」のリーダーである、3年次生の横山蒼空さんは「自分たちにできることは小さなことかもしれないけれど、そこからたくさんの人に活動が広がっていくようがんばりたいです!」と意気込みを語ってくれました。

「静岡キャンパスTERA-KOYA's」ではこれから生徒たちが「自ら学び」「自ら考え」「自ら動く」を大切にSDGsと世界寺子屋運動への活動を行っていきます。
皆さんも一緒に世界の抱える問題を考えてみませんか? ぜひ一度静岡キャンパスに見学に来てみてください! きっと夢中になれる何かが静岡キャンパスにはありますよ!