東京都立川キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2020
通信制高校のレポートってどういうものなの?

中学生のみなさん、こんにちは。もう2月です。
中学1年生は昨年小学生から中学生になり、校舎だけではなく、たくさんの環境の変化がありましたね。(別の地域の同級生が加わり、教科ごとに担当の先生も変わって、算数が数学になって、部活も始まるなど。)さらに思春期特有の身体と心の成長が起きてとまどった人もいるでしょう。
中学2年生は「もうすぐ3年生だし、そろそろ進路を考えよう」とか「この地域に、どんな高校があるのかな」と進路に興味が出てくる時期ですよね。
最近はユニークな学校も増えて、選択肢もみなさんのお父さん、お母さんの時代より何倍も増えているのはご存知ですか?

今、このブログを読んでくれているということは、通信制高校やサポート校に興味がありますか?
通信制高校の単位修得(卒業するための条件)のひとつに「レポート提出」は欠かせません。科目ごとに定められたレポートに解答し、学習内容をどれくらい理解したのか確認していきます。

では、この通信制高校の「レポート」どういうイメージを持っていますか?
感想文や論文のようなものを想像する人もいるかもしれません。
ずばり、簡単にいうと問題集のような感じです。
学習方法は各通信制高校によって違うので、紙に書いて郵送する学校もあれば、ネットで提出する学校もあります。

通信制高校だけに通う生徒は自宅学習が中心になるので途中で挫折してしまったり、卒業までに4年以上かかったりという生徒も多いのが現状です。もちろん人それぞれの理由もあると思うので、4年以上かかっても問題はないのですが、途中で挫折するとそもそも高校卒業ができないことになってしまいます。

そこで、屋久島おおぞら高等学校の指定サポートキャンパスであるKTCおおぞら高等学院では「通いたい、人と繋がりたい、学習したい、高校卒業したい、卒業後の進路についても指導してほしい」という気持ちをもった生徒のために学習面や精神面・生活面をサポートして学ぶ意欲を途中で断念しないようサポートします、さらに3年間で卒業も可能なので、その先の進路を見据えたなりたい大人を目指すカリキュラムが充実した全く新しいタイプの通信制高校 サポート校です。

先ほどお伝えした中学生のみなさんが心配する「レポート提出」についても、最寄りのキャンパスに通学して授業で学力や知識を得て、パソコンやスマホ・タブレットで屋久島おおぞら高等学校へ提出することができます。安心したでしょうか?
さらに、授業はLIVE配信されていて自宅から参加もでき、リアルタイムに質問もできます。

だから、「マイコーチ®や友だちと一緒に学習もしたい日もあるし、時間割に強制されずに自分のペースで学習もしたい日もある、いろいろな体験を通して視野を広げたい」という人に向いている学校です。

KTC学園の学習スタイルがもっと気になるという中学生のみなさんは、ぜひ保護者の方と一緒に個別相談や2/27(土)のオンライン学校説明会にお申し込みください!

【中学生対象 オンライン学校説明会】
2月27日(土)11:00~12:30(要予約)定員10組
お電話:042-529-5560 ホームページからもご予約できます♪