香川県高松キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4444

暦の上では春とはいえ、まだまだ朝晩は冷え込みますね。いかがお過ごしですか?
 
さて、先日歴史資料館を見学してきました。
今回の見学の目玉は・・・

高松藩でも薬学が発展していたとは!
高松藩でも薬学が発展していたとは!

『解体新書』
 
江戸時代に、前野良沢と杉田玄白がオランダ語で書かれた医学書『ターヘル・アナトミア』を日本語訳した書物として、有名ですね。
今回、解体新書の実物を目にした生徒たちは、
「昔の人は絵が上手だね!絵がとても詳しく描かれていて、ムカデのような人間の背骨のつくりがよくわかる!」
と机上の勉強にはない刺激を受けたようでした。          
 
それだけでなく、
「平賀源内が管理していた薬草園が、栗林地区にあったとは・・・!」
と、高松市民のとても身近な場所で江戸時代に近代医学が発展し始めたことなど、驚きの連続でした。

KTCでは、このように通常授業と比例して、積極的に校外学習を取り入れることで基礎学力の定着を図っています!

★  ★ ★ ★
 
KTCが気になる方は、資料請求をしてみませんか?
その他、今の高校生活での悩みや、転入・編入のご相談につきましても受付中です。
今後の高校生活について、最善の選択ができるよう、お力になります!
フリーコール:
0120-75-1105 
メールでのお問合せ:
takamatsu-office@ktc-school.com