大阪府梅田キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3636
防災介助を学ぶ

みらい学科「子ども・福祉コース」では、保育士を目指したり、介護や障がい者福祉に関心を持っている生徒が、日々さまざまな授業や実習、体験を行っています。

また、従来の保育、福祉の枠に留まることなく、さまざまな資格取得やボランティア活動なども行っています。相手が乳幼児であれ、高齢の方、障害をお持ちの方であれ、子ども・福祉コースのテーマの一つは「人との接し方」です。ですからホスピタリティ溢れる積極的なコミュニケーションを広げたい! そういった思いを培っていきたいと願っています。

この日の子ども・福祉コースの授業は「防災介助ジュニア」でした。昨年、「サービス介助士ジュニア」講座を受講した生徒を対象に、次のステップとして学んでいく講座です。昨今、地震だけでなく異常気象を背景に増加する気象災害が増えています。そういった災害時に自分の身の回りだけでなく、介助を必要とする人々にどのような形で手を差し伸べることができるのか? どのようなことを心掛けないといけないか? このようなことを原則オンライン授業で学んでいます。

KTCおおぞら高等学院では、このような他にはないコースや講座をさまざまな形で開講しています。ぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。お待ちしています。
※現在、コロナウイルスの影響に伴い、梅田キャンパスでは換気やアルコール消毒はもちろん、各教室に空気清浄機を設置するなど、少しでも安心していただける環境作りを行っています。また、パソコンやスマートフォンを使ってのオンライン相談も可能です。授業見学やみらいの架け橋レッスン®、みらい学科™の見学も可能です。