栃木県宇都宮キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1212
いらないハガキを寄付してくれました。
みなさん、こんにちは。
KTCおおぞら高等学院 宇都宮キャンパスのブログをご覧いただきありがとうございます。
気温差が出始めた季節となりましたので、体調には気を付けてお過ごしください。

さて今回はKTCおおぞら高等学院が行っている活動についてご紹介したいと思います。みなさんは「SDGs」という言葉をご存じでしょうか?「エスディージーズ」と読みます。
SDGsとはSustainable Development Goalsの略で日本語に訳すと「持続可能な開発目標」となります。2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されました。2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標で、世界的に活動が盛んにおこなわれています。

KTCおおぞら高等学院ではグローバル教育、ホリスティック教育の観点からこの活動に参加しています。全国のキャンパスで「世界寺子屋運動書き損じハガキキャンペーン」として書き損じハガキや未使用の商品券・図書券等を生徒やコーチが持ち寄り、それを寄付することで活動に参加します。
宇都宮キャンパスでは7月までに約6200円分のハガキや切手等を寄付することができました(52円ハガキ11枚、未使用切手・プリペイドカード500円分につき1人が1か月学校に通える換算)。全キャンパス合計になると約180人の子どもが1か月学校に通うことのできる金額になりました。これもご協力していただいた皆様のおかげです。直接会うことはできませんが多くの世界の子どもたちが学校に通えることができるようになったことはとても嬉しい限りです。
今後もこのような活動から子どもたちの"世界を見据えるグローバルな視点"や"命や世界の誰かを思いやる気持ち"を育んでほしいと願っています。

宇都宮キャンパス 青木