栃木県宇都宮キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1212
今回の屋久島ベストショット

みなさん、こんにちは。いつも宇都宮キャンパスのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は「屋久島スクーリング」について3年次生の生徒にインタビューしました。

屋久島はどんなところだろう? 何をするのだろう? という疑問が解決しますよ。
掲載している写真は生徒本人が屋久島スクーリングで撮影した滝です。非常にダイナミックな滝をすぐそばで見ることができます。

Q. 今回の屋久島スクーリングの感想を教えてください。
A. 高校3年間のスクーリングの中で最も自然体でいられました。緊張等も無く、気持ちも楽でした。慣れてきたこともありますが今回は素の自分を出すことができました。

Q. 過去のスクーリングと比べてどうでしたか。
A. 新型コロナ感染症対策があって人と人との距離を取ってのスクーリングになっていました。消毒や密にならないための対策がこれまで参加したスクーリングとは違っていました。

Q. 3年間の屋久島スクーリングを通して感じたことは何ですか。
A. 自分の意見や価値観だけではなく、人には人の考えがあること。人が多くなれば考えは増えていきます。また、自分の意志を通すことの難しさも学びました。社会に出てから大切なことを見据えることができたと思っています。

Q. 写真をたくさん撮ってきましたが、ベストショット(このブログに掲載)についてコメントをお願いします。
A. しばらく雨が降らなかったため水量はいつもよりちょっと少なめらしいのですが、すごくきれいだと感じました。自然体験実習は山に行くことが多く、滝を見たことが3年間で初めてでした。

Q. あなたから見た屋久島の魅力、屋久島おおぞら高校の魅力をお願いします。
A. 私は特に自然が好きです。3年間でたくさんの自然、景色を見ることができました。一番のおすすめは太鼓岩からの景色です。視界に収まりきらないほどで、圧巻です。今回でスクーリングで訪れる屋久島は最後ですが、卒業後に観光で屋久島に訪れ、まだ見たことのない場所へ行きたいと思っています。
屋久島スクーリングは様々な体験・経験が待っている場所です。世界自然遺産の地、屋久島で多くのことを自分自身で感じ取ってみてください。

*屋久島スクーリングは新型コロナウイルスの影響や社会情勢を鑑みながら消毒、除菌、換気、3密を避ける等の対策を徹底して運営しています。

宇都宮キャンパス 山本