栃木県宇都宮キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1212
インタビュー写真

いつも宇都宮キャンパスのブログをご覧いただきありがとうございます。
シリーズ【生徒インタビュー】
今回インタビューするのは昨年11月からみらい学科™ プログラミングコースに入会(コース変更)した佐藤瑠星さんです。
(KTCおおぞらでは年度途中のコース変更も可能です)
コース変更した理由や目標を聞いてみました。

Q. みらい学科プログラミングコースに変更したのはなぜですか?
A. 中学生の時は科学部でロボットコンテストに参加していたことやKTCおおぞらの学校生活に慣れてきたこともあって、プログラミングコースの体験会を受けてみました。体験会は面白くて7回も参加してしまいました。

Q. 確かに体験会に毎回参加していましたね♪ 常連になっていましたが、コース変更が11月になったのは何か理由はありますか?
A. プログラミングコースでも勉強したいと思っていたのですが、なかなか自分から親に言うことができなくて...。KTCおおぞらに転校させてもらう時、しっかり勉強に取り組むことを約束したからです。ですが自分の気持ちをコーチが後押ししてくれたおかげで、親も納得の上コースを変更することができました。

Q. 実際にプログラミングをやってみて思ったことを教えてください。
A. 元々ものづくりだったり、組み立てることが好きだったので、自分のアイディアが形になるのは非常に楽しいです。一方で、既にコースに在籍している人の複雑そうなプログラミングに驚いています。これからプログラミングの技術を身に着けていけるように張り切っています。現在、カラーセンサーについて学んでいます。

Q. 今後、何か挑戦したいことはありますか?
A. 将来的にものづくりに関わる仕事に就きたいと考えています。まだ何をするかは悩んでいますが、現在は車に携わる仕事や測量士にも興味があります。

Q. プログラミングコースをお勧めしたい人はどんな人でしょうか?
A. 私みたいに元々科学部で、ロボットコンテストに参加していた人には特に一推しです。パソコンに興味を持っている人や機械が好きな人にも合っていると思います。


画像は本人とオンラインインタビューをしたときのものです。とてもいい笑顔でプログラミングコースのことを語ってくれました。
KTCおおぞらでは、生徒がなりたい大人に近づけるよう、適切なコースに関しての相談も受け付けています。
高校生活が少し変わると、あなたのみらいも大きく変わるかもしれませんね。

宇都宮キャンパス 山本