三重県三重四日市キャンパスキャンパスブログ

言葉というのは、一定のルールに従って省略したり並び替えたりしています。例えば、マクドナルドのことをマックと言ったり、文部科学省のことを文科省と書いたり、木村拓哉さんのことをキムタクと呼んだり……。これは日本語だけでなく、英語、中国語等どの言語にも当てはまります。中国語のルールを覚えて話せるようになると、およそ10億人と意思の疎通ができるし、日本語を覚えると「わび」「さび」「雅」といった、言葉の奥にある日本人特有の文化や意識まで感じられるようになります。言葉を覚えることで、より多くの人と会話ができ、世界が広がり、面白さを感じられるようになります。

数学

このことは『数学の世界』でも、同じことが言えます。記号の×や÷は省略できる、文字は数字の後ろに、アルファベット順に並び替えて書くといったルールがあります。こうした『数学の世界』でしか使わない(通用しない)ルールを覚えると、より多くの人と意思の疎通ができ、深く突っ込んだ会話ができるようになります。それがつまり、数学の面白さにつながると思うのです。

この夏、『数学の世界』特有のルールを一つでも多く覚えられるように、挑戦してみて下さい。


お問い合わせ:0120-75-1105
メール:chubu-info@ktc-school.com