三重県三重四日市キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=3232
【中学生サポートコース“くれしぇんど”】令和元年度の最後の授業報告!

みなさん、こんにちは! 三重四日市キャンパスです!!
突然ですが、みなさんは「高1クライシス」と言う言葉をご存知でしょうか?
高校は、中学校までとは違い通学距離が比べものにならないくらい伸び、これまでずっと一緒だった友人たちとは別々の学校に進学することがほとんどです。一から人間関係を構築していく久しぶりの機会に戸惑ってしまう生徒が多いのが実情です。

生活面の大きな環境変化に加えて学習量も格段に増えます。この様な変化に適応できずに、自信を無くしてしまったり、精神的に不安定になったり、心身の健康を害してしまう現象を「高1クライシス」と言います。

三重四日市キャンパスでは「高1クライシス」を防止するために、入学希望者の中学生に向けて【中学サポートコース"くれしぇんど"】を開講しています。

本日は、令和元年最後の"くれしぇんど"となった12月21日の授業:言語による他者とのコミュニケーション【伝える(話す)聴く・質問する】の方法や難しさ、大切さについて学ぶグループワーク「わたしたちのまち」について報告します。
このプログラムは、三重四日市キャンパスのキャリア教育プログラム「社会の架け橋プログラム™」の授業内でも行ったものです。

いくつかのグループに分かれて課題に挑戦したのですが、グループ毎にメンバー全員で相談しながら協力して、全グループが課題を達成できました!

この授業で大切なことは、最後に行った"ふりかえり"です。
先ずは一人ひとりが、グループ内で「みんなの意見をまとめようとした人」「意見をたくさん出した人」「良い考えを出した人」「良い考えをほめていた人」などをまとめます。
次に、グループで話し合いながら"わかちあい"を行います。
"ふりかえり"終了後の生徒は、他者(相互)理解が深まり、明らかにグループの一体感が高まっていました。

三重四日市キャンパスの"くれしぇんど"では、これからも「気持ち(心)の変化(成長)」を促し、参加者が「新たな気づき」を持ち、今後の活動により一層前向きに取り組めるようなプログラムに取り組んでいきます。

次回の"くれしぇんど"は令和2年1月18日(土)14:00~16:00に開講します。
興味をお持ちいただいた方は見学にお越しください!!