KTCおおぞらからのお知らせ

日本ユネスコ協会連盟が主催する、2020年度「寺子屋リーフレット制作プロジェクト」コンテストにて、屋久島おおぞら高校を代表してKTCおおぞら高等学院の生徒が"優秀賞「教育新聞社賞」"を受賞しました。
全国21校・約2300名の小・中・高校生がこのプロジェクトに参加しています。教育新聞社賞を受賞した生徒 ★受賞した今の気持ちを教えてください
電話で聞いたのですが、コーチの声が興奮気味だったので何かと思ったら受賞の連絡で純粋に驚きました!

★リーフレット作りで学んだこと、成長したことは何ですか?
SDGsのことについてとても勉強になりました。活動自体を知ることができたし、世界寺子屋運動に対してどんな形でもかかわることができたのでとてもうれしいです。
また、リーフレット制作をするうえで相手を意識した作り方を自分たちなりに勉強しました。(見やすさ・デザイン)

★今後の目標を教えてください
卒業しても様々な企業がSDGsに取り組んでいるのでこれからも考えたり作ったりなどかかわっていきたいと思います。
世界のためと言ったら大げさかもしれませんが伝えられる活動がしたいです。
個人でも取り組んだり、大学に進学しても周りを巻き込んで引き続きかかわっていけたらと思います。

教育新聞社賞を受賞した作品 (広島キャンパス  石川響さん・上西健太さんの共同作品)

この度はおめでとうございました!