KTCおおぞらからのお知らせ

KTCおおぞら杯2020 みらいカップ最後の部門、プログラミング部門の記録会が全国で終了いたしました。
本来であれば各キャンパスで作り上げプログラムを組んだロボットを持ち寄り、実際に戦わせて競うはずのこの大会もコロナ禍を鑑み、記録を提出する形で審査に臨みました。
相手がいない戦いだからこその苦しみもあったと生徒たちは話してくれました。

それでは早速、【結果発表】です!
ロボットサッカーの部(就学歴1年未満対象)
フォワードの部 グランプリ 満井 大輝さん(川越キャンパス)
ゴールキーパーの部グランプリ 木田 丈翔さん(東京秋葉原キャンパス)

ロボットデザイン賞 吉田 直樹さん(京都キャンパス)

トレジャーハントの部(就学歴2年未満対象)
グランプリ 末川 舜さん(高松キャンパス)
準グランプリ 林田 将利さん (千葉キャンパス)
ロボットデザイン賞 鈴木 皐大さん(郡山キャンパス)


二足歩行ロボットの部(就学歴2年以上対象)
グランプリ 高橋 秀明さん(東京秋葉原キャンパス)
準グランプリ 横田 壮洋さん (福岡キャンパス)

受賞者の写真や喜びの声は以下のページからどうぞ!
KTCおおぞら杯2020 みらいカップ プログラミング部門

みらいカップはみらい学科™で学習している生徒たちがカリキュラムの集大成として臨む「成果発表」も兼ねています。
コースを継続することでより高度な内容を学ぶことができると本人たちが自覚している分、次の目標が明確になって「来年も入賞したい!」と2年次生、1年次生が答えてくれたのが印象的でした。
「トライ&エラーの大切さを再確認した」と伝えてくれた高橋くんは昨年もトレジャーハントの部でグランプリを受賞している実力者です。プログラミングコースの課題を通して、試行錯誤することの楽しみと大切さを同時に実感している姿がうかがえました。

残念ながら賞に入らなかった参加者のみなさん、是非来年も参加してください!
プログラミングコースは、特にロボットが好き、という方にだけお勧めなわけではありません。
何かに挑戦してみたい、そんなあなたに始めてもらいたいと思っています。

KTCおおぞら高等学院は皆さんの「好き」を集める、「好き」をつなげるお手伝いをしています。
みらい学科™プログラミングコース