東京都東京秋葉原キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1818
大学入学共通テスト

みなさん、こんにちは。
今週末、いよいよ大学入学共通テスト。受験生にとって、勝負の試験です。今まで勉強したことを存分に発揮し、自信を持ってテストに臨んでほしいと思います。

本日は大学入学共通テストと昨年まではセンター試験と呼ばれていた試験の違いについてご説明します。
今年度からセンター試験ではなく共通テストとして入試が行われます。
では一体どう違うのか?

① 思考力を問う問題が追加される。
センターでは暗記をしていれば解ける問題もありましたが、共通テストではそれに加え、なぜそうなるのか? という点が重視されます。

② 英語
どの教科も傾向が変更されますが特に大きく変更されるのが英語です。文法や発音の問題が無くなり、長文読解がメインとなります。またリスニングの配点の変更や時間の変更もあります。さらに全体での配点も合計200点満点に変更されています。

③ 試験時間
先ほど英語のリスニング時間の変更もありましたが、数学ⅠAも60分から70分へと変更されています。

④ 国語
ポスターの文章やグラフなどから物事を読み取る実用文が追加されます。これらの問題は記述式の予定でしたが、マーク式のままになりました。

以上が大学入学共通テストと昨年までのセンター試験の違いです。
1・2年次生は大学進学を検討している生徒はこれまでのセンター試験対策のみならず、このような変更された部分も重点的に対策しておくと良いかもしれません。受験は一年間かけて、準備していくものです。
「3年次生になってから勉強する」では、準備としてはライバルより遅いです。
本気で志望校を合格したいのであれば、今から準備しておくことが大切です。
KTCおおぞら高等学院では、進学コースもあります。
「今の高校で進路実現が叶わないかも」
「大学進学が目標」
など、思いはそれぞれだと思います。
KTCおおぞら高等学院で進路を実現しませんか? お気軽にお問い合わせくださいね♪