千葉県柏キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=35eJwztjA1NwIAAyMBCg16

クッキー生地を無心で切り分ける!!
クッキー生地を無心で切り分ける!!

生地を全部丸めたよ~☆
生地を全部丸めたよ~☆

完成品!!『アーモンドのホロホロクッキー』
完成品!!『アーモンドのホロホロクッキー』

みなさん、こんにちは~☆まだまだ暑いですね(^_^;)
柏は夜でも元気にセミが鳴き続けていますよ~!!

そんな残暑厳しい中ですが、柏キャンパスではお盆明けから
ジョブシャドウイングに力を入れ実施してきました。
ジョブシャドウイングとは、生徒が様々な職場へ足を運び
実際に仕事をしている人を影のように側にいて見ることで
仕事そのものを知るきっかけや、魅力ある大人の
モデルを見つけるきっかけとして行う職場体験プログラムです。

今年の夏も生徒たちは様々な職場でジョブシャドウイングを行い
貴重な時間を過ごさせていただきました。

今回のキャンパス便りではその中からフランスのお菓子を扱っている
『coffret d’amour (コフレダムール)』でのジョブシャドウイングの様子をお伝えさせて頂きます♪
今回は店長の佐々木さんのご厚意で職場を見学するだけでなく
お菓子作りのお手伝いもさせていただけるということで
生徒と一緒に付き添いのスタッフも楽しみにして行きました。
お店に入ると、あま~い、いい香りが。(*^ ^*)
生徒は緊張した様子でエプロンと三角巾を付け作業場へ入りました。

早速佐々木店長から、クッキー生地をぴったり8グラムに切り分けるというお仕事を頂きました。
なかなか一回で量りの上に8グラムの生地を載せるのが難しく、何度も微調整が必要でした。
すべての生地を量り分けたら、次はその生地を丸める作業に移ります。
丸める際に、大きなヒビが入ってしまうと焼いたときにクッキーが割れてしまうようなので
丁寧に優しくお団子のように丸めます。
生徒達はコツを掴むのが早く、後半には手で生地を持ち上げただけで8グラムに足りていないかも?
と感覚でわかるようになってきていました。
それだけ集中して仕事に向き合っていました(^_^)!

「量り、丸める」という作業だけで約1時間があっという間に経過し
終わるころには『もっと他の作業もやってみたい!』
という気持ちと共に、『たったの1時間でも立ちっぱなしだと体力が結構いるんだな』という
大変さも生徒は実感できたようです。

今回ジョブシャドウイングに参加できた生徒たちは
それぞれ仕事の楽しさや大変さなどを感じ取ってきてくれているのではないかと思います。
少しでも将来のきっかけ作りができればと柏キャンパスのスタッフは思っているので
今回参加できなかった生徒達も是非今後ジョブシャドウイングに参加してみてくださいね♪