埼玉県大宮キャンパスキャンパスブログ

入学式

新入生の皆様、このたびは入学おめでとうございます。そして本日ご列席の保護者の皆様、ご来賓の皆様、本日はおめでとうございます。
 
 昨年、私も新入生の皆様と同じようにその席に座っていました。そのとき抱えていた不安は今でも覚えています。数ある不安の中でも最も大きく、多いのが学校生活を楽しめるだろうか?という不安だと思います。
 1年間過ごしてきて、私なりに学校生活を楽しむ3つの大切なものをまとめてきました。
 1番大切なものは友人です。2番目にマイコーチ、3番目に心持ちです。
 たとえば、全体で毎日を見るとつまらないと思う普通の日々でも、局所的に1日1日を見ると友人との小さな思い出があります。そんな小さな思い出で、明日も頑張ろうと私は思えます。
 しかし、友人を作るのが難しいという人もいると思います。私は、本当は友人を作るのが苦手な人間です。それでも私には友人がしっかりいます。友人を作る際に大きく心の支えになったのはマイコーチでした。入学当時、初日に友人ができず、自分から声をかけようにも、どう声をかけてよいのか分からず、心が折れてしまい、2日目の授業には出ずに、午後、マイコーチとおしゃべりすることになりました。他愛ない会話でしたが、今思えばまったく知らない新環境で知らない人と普通に話せた「自信」が少しついたのだと思います。3日目、勇気を出してクラスの子に「2人とも朝来るの早いね」と話しかけました。まったく話の広がりそうにない切り出し方でした。でも、初めての会話なんてそんなもので良いんです。1人と仲良くなれば、連鎖して他の人とも知り合います。どんどん人の輪は広がります。だからこそ勇気を出して友人作りを頑張って欲しいのです。
 すばらしい友人に出会ったり、マイコーチが心から頑張ってくれたとしても、皆さん一人ひとりの心持ちがしっかりしていないと、せっかくのチャンスをものに出来なくなってしまいます。中学のときは、1年生1学期しか通わなかった私が、学校生活を続けていられるのは、「変わろう」という心持ちを1年間変わらず持っていたことが重要だったと思います。
 皆さんの気持ちあってこその、マイコーチの言葉であり、皆さんの気持ちがあって友人はできるものです。
 最初に、私は心持ちは3番目に大切といいました。こんなにも大切な心持ちがなぜ3番目なのか?
 それは自然にできることだからです。こんな心持ちで過ごそう!と思って日々を送る人は少ないと思います。私は1年通して気づいたら「変わろう」と思っていたし、変わることができました。
 KTCには、屋久島スクーリングや、多くの種類があるみらいの架け橋レッスン、留学、さまざまな成長ができるイベントや経験をつめる場があります。
 マイコーチはもちろん、私たち2、3年生も皆さんと学校生活を送れることを楽しみにしています。