東京都東京(新宿)キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1919/reserve/?kubun=3&event=002&campus=19

立派な姿でした。
立派な姿でした。

9月16日(土)、通信制高校のサポート校であるKTC中央高等学院東京キャンパスで前期(9月)の卒業式が挙行されました。

KTC中央高等学院は前・後期制をとっており、後期の10月に入学した生徒など途中入学のために、今回のような9月卒業を迎える生徒もいるのです。
前期で卒業する生徒は後期(3月)より少ないのですが、全国にあるサポートキャンパスでは、たくさんの生徒が卒業証書を手にしています。

お祝いムービーでは卒業生の思い出を振り返りながら、教員全員からのメッセージも贈られました。
キャンパス長からは…
過去が「こうだったから」「ああだったから」今ダメなんだ、ではなく、過去があったからこそ今頑張れているんだ、というふうになってほしい。過去を変えることはできない。今を、これからをどうしていくかがとても大切なんだよ。
という言葉がありました。

9月卒業生の中には、体調や、家庭の事情で高校に入学できなかった生徒、また人間関係、学習、様々な理由で高校を退学してしまった生徒もいます。
卒業生の挨拶では、それぞれがこれまで支えてきてくれた家族や先生に感謝を伝える姿に感動しました。

自分に自信を持てるようになったとき、人は周囲の人に感謝できるようになります。
卒業生たちも先生、友人、家族、いろいろな人たちの支えをうけて、ゆっくり、ゆっくり成長しました。


卒業までに様々な経験をしてきた全国の卒業生たち。
これからもその経験を活かして活躍してくれると思います。
KTC中央高等学院はいつでも君たちを応援しています! 
(金森)