東京都東京キャンパスキャンパスブログ

先日東京キャンパスで開催した「睡眠リズム勉強会」についてお知らせします。
 
なかなか思うように登校が出来ない状況にある子どもたちから話を聴くと、
「夜眠れない」「朝起きられない」「授業中に居眠りしてしまう」といった相談が多くあがります。

そこで当学院にて医師協力の下、在籍生徒へアンケートを実施したところ、「週1日以上欠席する生徒の80%には睡眠の問題がある」との調査結果が出ました。
そうした睡眠に悩みを抱える子どもたちが生活リズムを改善し、無理なく登校復帰し、希望の進学まで実現するにはどうしたらいいのでしょうか?
 
今回はそうしたテーマで、医師・医学博士の志村哲祥氏を講師に迎え、子どもの睡眠に悩む保護者の方と教職員を対象とした勉強会を開催しました。
 
志村先生の講演では、
「睡眠に関するいわゆる『ゴールデンタイム』(成長ホルモンが最も分泌されるのは22時~2時)は誤解、十分な睡眠さえ取れれば何時でも成長ホルモンは分泌される」
「中高生の年代の理想の睡眠リズムや睡眠時間を考えれば、今の日本の学校の始業時間は早すぎるかもしれない」
といったお話だけでなく、今日からご家庭で出来る具体的な対策も提示して頂き、参加された皆さんにもご満足いただけたようです。

睡眠リズム勉強会

参加者アンケートでは、
「スマホ、照明、カフェイン…家に帰ったら早速実践してみます」
「睡眠の重要性を改めて知り、親子でコミュニケーションを取りながらみます!」

といった感想が寄せられていました。
 
こうした勉強会は、今後もKTCおおぞら高等学院 各キャンパスを会場として継続的に開催されます。睡
眠でお困りの方、今の学校に行きたくても行けないとお悩みの方は、ぜひお問合せ下さい。(細野)
 
* * * * * * * * * * * *
見学会・個別相談会受付フォーム
フリーコール:0120-75-1105(通話料無料)