静岡県静岡キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=2727

こんにちは。
静岡キャンパスの見須です。
今回は、3月中旬に静岡キャンパスにおいて生徒によるSDGs(持続可能な開発目標)の授業を実施したのでご紹介します。

静岡キャンパスのSDGs活動では生徒たちが主体的となり、自ら考えて行動できることを大切にしています。その中で今回は、キャンパス内で中心的に活動に参加している2年次生のS君より「今年度自分たちが学んできたことを他の生徒にも知ってもらいたい、静岡キャンパス全体でもっとSDGsを意識していきたい。」という意見があり、生徒による授業が実現しました。

授業では、日常生活の中でどのくらいSDGsを意識できているか、地元の動物園を例に絶滅危惧種と環境問題の関係、またそれらの問題を解決するために自分たちには何ができるのかといったことをワークショップを行いながら生徒が主体的に学ぶことができました。
実際に授業に参加した生徒たちからは...
「SDGsについては色々な授業でやってきましたが、今回の授業を受けてより身近に感じることができました。」
「解決していくために改めて自分たちには何ができるのか考えることができました。」
との声が上がり、それぞれに学びがあり、生徒が授業を実施したからこそ気づけることがあったと感じました。

KTCおおぞら高等学院 静岡キャンパスでは、生徒たちの自主性や何かに挑戦することを大事にし、一歩踏み出すことを全力で支えています。静岡キャンパスで様々なことに挑戦し、ここでしかできない経験をしてみませんか。ご相談お待ちしております。生徒によるSDGs授業の様子