KTCからのお知らせ

KTC中央高等学院高松キャンパスでは、5/12(木)に「アイパル香川」にて、「ユネスコ寺子屋運動」に寄付を行いました。
その模様が「四国新聞」に掲載されました。

トライアルレッスン「ボランティア」を通じて、ユネスコに寄付できる書き損じハガキや未使用切手、プリペイドカードなど、いわば「タンスに眠っている遺産」を集めて、「ユネスコ寺子屋運動」に参加しました。

贈呈式では、高松ユネスコ協会の川西進会長に直接手渡すことができました。ささやかな寄付ではありますが、カンボジアやネパール、アフガニスタンなどでの学校建設や教科書の支給などに役立てられます。


■通信制高校生がユネスコに寄付(四国新聞2016.5.13)

取材を受けています

記念写真です