KTCおおぞらからのお知らせ

KTCおおぞら高等学院では「すき」を集めるみらいの架け橋レッスン®に参加している生徒や「すき」を将来につなげるみらい学科™に在籍している生徒の全国大会 KTCおおぞら杯が開催されています。

そのKTCおおぞら杯に新設されたマンガイラスト部門についてお知らせします。

みらい学科 マンガイラストコースでは、画力の指導はもちろん作品を完成させるために必要な原作づくり、シナリオ構成、コマ割りなどマンガイラスト制作にかかわる項目をマンガ専門学校日本マンガ塾の細かなカリキュラムの元、講座を展開しています。
→みらい学科 マンガイラストコースのページはこちら
→日本マンガ塾の公式ホームページはこちらマンガイラストを描く生徒2019年度は今回のKTCおおぞら杯みらいカップの前身である「全国KTCおおぞらイラストコンテスト」として開催されました。以下の5つのテーマの中から1つ選び、そのテーマに沿ってプロットシートを作成し、それをもとにしたイラスト/マンガを制作、そしてその政策全体をプレゼンテーションにまとめ、発表するところまでをゴールとしています。
※プロットシート:話の展開を簡潔にまとめたものマンガ×プロットシート×プレゼン <テーマ>
(1) Amusement Park
(2) 屋久島神話
(3) 共通言語
(4) 1万年前の読書
(5) 宇宙

テーマに沿って「伝えたい内容をいかにイラストで表現し、プレゼンテーションを通して伝えることができるか」を評価基準とし、イラストの上手さだけではなく、相手にいかに自分の考えを伝えることができるかを身につけていきます。
最優秀作品はそのプロットシートを基にした「マンガ」をプロの漫画家に描いてもらい、作品の原作者としてクレジットされます。

みらいカップがみらい学科の新たな展望となるよう、これからも生徒たちを応援していきます。

2019年度はコロナ禍により、全国大会を延期しておりましたがこの度ようやく最優秀作品を決定することができました。
→結果はこちら

マンガイラストコースはKTCおおぞら高等学院のみらい学科の中でも特に人気のコースです。
受講生徒のさらなる前進を応援しています。