KTCおおぞらからのお知らせ

春までもうそこまで来ていると思わせてくれるような晴天の2月20日、みらいカップ子ども・福祉部門の全国大会がオンラインで開催されました。

生徒たちはこの日のために作品を仕上げ、本番に向けて練習を重ね、緊張の中、当日を迎えました。
これまで制作を支えてくれたコーチや一緒に作り上げた仲間とともに臨んだオンライン紙芝居発表会。
全国から11チームがそれぞれの力を出し切ってくれました。

記念すべき第1回大会の結果は...
グランプリ 東京秋葉原キャンパス チームくりよし

準グランプリ 名古屋キャンパス  チームMidland angels

審査員特別賞 立川キャンパス   チームもみの木


当日はYouTubeでも読み聞かせ披露や結果発表を配信しました。
審査員を務めてくださった皆さんからは「3歳、4歳の子どもたちが喜ぶ姿が目に浮かぶ」「この結果だけでなく、これを制作するために試行錯誤した時間が財産。これからの宝物にしてほしい。」などの講評をいただきました。

子ども・福祉コースに在籍する生徒たちにとってこの大会は、日ごろの学びを発表という形で見せることができる機会として位置付けています。
来年はまた別のテーマでの大会を予定しておりますので、みなさま楽しみにお待ちください。

これを見てくれている中学生の皆さんが、KTCおおぞらの子ども・福祉コースで専門的な学びとともに、なりたい大人に向かうきっかけ作りができるようになればと思っています。

受賞者の写真やコメントはこちら
みらいカップ 子ども・福祉部門