埼玉県川越キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=1414

先日、川越キャンパスで行われた『救命講習』……
【前編】では、応急処置の意義などの講義の様子をお伝えしました。
今回は、いよいよ実技……
AEDの使い方と胸骨圧迫(心臓マッサージ)のやり方について実践した様子をお伝えします。

はじめに、救命士による実演を見ました。
手際よくAEDを操作し、心臓マッサージを行う姿に、参加した生徒たちは「おぉ」と感嘆の声をもらしました。

ちなみに、AEDは電源を入れると音声とランプの点灯などで使用方法の案内が行われるので一般の方でも容易に扱えるそうです。設置場所が分かっていれば、とても安心ですよね。
(余談ですが、川越キャンパスにもAEDが設置されました☆)

テンポよく圧迫
テンポよく圧迫

AEDの使い方とは?
AEDの使い方とは?

模範演技を見た後は、生徒たちの実践です!!

「中学校の時にやったことがあるからできるよ」と自信をもって動ける生徒もいれば……
「どうしていいかわからない」と緊張のあまり笑い出してしまい、心臓マッサージに力の入らない生徒……
AEDの電極パッドを見て「胸毛もじゃもじゃの人はどうしたらいいんですか」と気にする生徒……

生徒たちは実技で、資料を見るだけでは分からないことに気付き、そこから「どうするか・どうすべきか」を考えていました。これこそが“自分の中に生きた知識を蓄えている!!”ということではないでしょうか。

夏休みが始まる前に、とても貴重な経験をすることができました☆
ぜひ、時間がたっぷりとれる夏休みに様々な体験をしてみてはいかがでしょうか???