熊本県熊本キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4949

「農機具の開発に携わりたい」と語る3年の池部くん。
「農機具の開発に携わりたい」と語る3年の池部くん。

私たちの生活を支える第一次産業。
「自然」からの恩恵をもとに成り立つ「農業」がその一つです。
昨年は熊本地震の影響で実施することができなかった「農業体験」ですが今年度は6月23日に行うことが可能になりました。
甚大な被害を受けた熊本益城地区。現在も仮設生活をされている方が多い地区です。
TVの報道で少しづつ復興が進んでいると見聞きされる方もいらっしゃるかと思いますがまだ「手つかず」の場所もたくさんあるのが現実です。

「将来、農機具の開発に携わりたい」と語るのは3年生の池部くん。
「若者の農業離れ」「地震による経済面の問題」など、熊本の農業が抱える問題は山積みです。
「『人』も必要だけど、重労働である農作業の負担を『軽く』するのがぼくの目標なんです。」
と語る池部くんは、農業体験に参加できるのを昨年からずっと待ってくれていました。
こういった生徒1人の行動が、今後の熊本の復興を支えてくれるのだと信じ、若い世代と農業従事者との「出逢い」の場をこれからもつくりだしていきたいと思います。
体験の様子はまた後日ブログでご報告します。