熊本県熊本キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?campus=4949

急に寒くなってきましたね。みなさん体調崩されてないでしょうか。前回「中1ギャップ」について考えていきましたが、今回は中学2年生になって「学校に行きたくないな」と子どもたちが思う理由について考えてみましょう。前回のブログはこちら → http://www.ktc-school.com/campus/kumamoto/blog/20171014-115000.php

■クラス替えで仲の良い友人とクラスが離れてしまった。
このようなケースをよく聞きます。ここでポイントなのは新しいクラスで新しい人間関係を築いていけるかということです。「クラスが分かれた友だちのところに休み時間のたびに会いに行く」という行動をとる子も多いんですが、皆さんのお子様はいかがでしょうか。友だちとの関係を大切にする…素敵なことです。ただ、この状況はお互いストレスを感じることが多いんです。一方は「新しいクラスで友だちを作りたい」もう一方は「毎回会いに行ってあげてるのに、なんで私以外の子と仲良くするの?」といった具合です。これはあくまで一例ですが、些細なことからケンカに発展してしまうことも…

■2年生は学校行事が多い
新しいクラスで新たな人間関係を築いていなかった場合、多くの子どもたちがつまずくのが休み時間の過ごし方です。10分休みですら手持ちぶさたに感じてしまうのですから、昼休みなんてどうしていいか分かりません。しかも、2年生は修学旅行など学校行事で「班」を作ることが多くなります。「あの子一人でいるけどどうしたのかな?」と思われていたらどうしようと周りの目が気になります。そういった気持ちが積み重なると次第に「学校行きたくないな…」というふうになっていくことがあります。

ちなみに学校での様子をお家の方に話しているかどうか熊本キャンパスの生徒たちに尋ねたところ「なんでも話している」という生徒は半分ほどでした。次に多かったのは「楽しい話はするけど友だちとケンカしたとか、先生に叱られたとかは話さない」という生徒です。話さない理由としては「なんだか恥ずかしい」という気持ちからです。「学校の話を聞く限りそんなに嫌なことがあっている様子ではないんだけどなぜ嫌なのかが分からない」というお子さんにはこのような背景が隠れているかもしれません。お子さんが「学校きつい」ということを保護者の方に打ち明けるときというのはとても勇気がいることなんです。わが子にそう打ち明けられると驚かれる保護者の方も多いと思います。まずはお子さんの気持ちに共感し、たくさんお話を聞いてお子さんを安心させてあげてくださいね。ご家庭だけでは難しいときは私たちKTCにもお気軽にご相談ください。

KTC中央高等学院 熊本キャンパス
見学会・個別相談会受付フォーム
フリーコール:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com