熊本県熊本キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=afeJwzsTQxsQQAAyoBDw49

「性」について学ぶことは恥かしいことではなく、命について考えることです。
「性」について学ぶことは恥かしいことではなく、命について考えることです。

こんにちは熊本キャンパスです。今日はゲスト講師を招き、性教育の時間を設けました。「性教育」って…? 年頃の男女には少し恥ずかしい内容でしょうか? 今の中高生は友だちや先輩、インターネットや雑誌で得た情報を信じ、性感染症や男女間のトラブルに発展するというようなケースが少なくありません。本当は子どもたちもお父さん、お母さんに「自分の体の変化」について相談したいけれど、なんだか恥ずかしくて… と子どもたちは思っています。保護者の方は家庭でお子さんにきちんと「性教育」されていますか? 学校では小学校4年生くらいから性教育がスタートします。ところが家庭ではどうでしょう? まだ早い… そのうちに… 時期がきたら… 学校でやっているから… 「どんなタイミングで子どもたちにどのような話したらいいのかな?」などと考えているうちに機会を逃してしまうことがありますよね。高校生の時期に性について考えることは、自分自身が正しい知識を身に付け、自分を守る、パートナーを守るということにつながります。そして大人になり、親になったときに、彼らがどのように子どもたちと接していくかを考えるとても大切な時間になります。生徒たちの感想には「性について考えることは恥ずかしいことだと思っていたけどそんなことないと気が付きました。」「相手の心と体を思いやることが大切で、それが将来、命をつないでいくことになるんだと思いました。」お子さんの性に対する考え方はご家庭の命に対する考え方を映し出しています。命の営みについて考える大切な時間をご家庭でも設けてみてください。

ご相談・ご予約の連絡先はこちら↓
問合せ:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com