熊本県熊本キャンパスキャンパスブログ

https://www.ktc-school.com/reserve/?kubun=2&event=001&campus=4949

こんにちは。熊本キャンパスです。新学期が始まり、授業もスタートした熊本キャンパス。数学の授業で「28と42の最大公約数は?」とコーチが質問すると「やり方教えてー」とか「ちょっと待って、今計算しよるけん!」とみんな答えを導き出そうと考えてくれます。発言しやすい雰囲気作りを考えて授業を行っているので、こうやって私たちコーチの質問にしっかり反応して言葉を返してくれることをとても嬉しく感じています。

保護者の方とお話していると「子どもが悩んでいた頃はあまり話してくれませんでした。」とか「大きくなってからはあまり話してくれなくなりました。」ということを聞くことがあります。特に中高生の「悩み」は多岐にわたりますし、悩みが深刻であればあるほど、子どもたちとしては保護者の方に話しにくいものです。何か話をしたそうだけど、なかなか話してくれないな・・・と保護者の方が察したときは、話しやすい「雰囲気作り」を。例え話から切り出してみてはどうでしょうか。ドラマや漫画、保護者の方の学生時代の話、子どもたちは自分のことを気掛けてかけてもらった言葉にはとても誠実に答えようとするものです。ただ、答えるまでに時間がかかる場合があります。そんな時は焦らず「待つ」こと。答えが翌日になることもあるかもしれませんし、もっと長くなるようならタイミングをみて、また例え話をしてみましょう。大切なのはお子さんが自分の言葉で話すということです。「こうなんじゃない?ああなんじゃない?」と私たち大人が答えを先回りして言いたくなってしまいますが、それはその子の本当の気持ちでしょうか。子どもが自分で言葉を選んで口に出すことで、その気持ちは初めてその子のものになります。保護者の方も忙しいので毎回実践することは難しいかもしれませんが、どうしたものか・・・とお困りの際は、試してみてください。もし思ったようにいかなくても、子どもたちには保護者の方が自分のために時間をかけてくれているという気持ちはしっかり伝わっていくはずです。

ご相談・ご予約の連絡先はこちら↓
問合せ:0120-75-1105
メール:kyushu-info@ktc-school.com