佐賀県佐賀キャンパスキャンパスブログ

https://reserva.be/ktcschool/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=28eJwzsTQxMQIAAyMBCA48

こんにちは、佐賀キャンパスです。
 
2016年7月10日(日)で決まりそうです。
何の日か知っていますか?
 
夏の参議院議員選挙の投開票日です。
まだ正式に政府から発表はありませんが、この日だという見方が一般的だそうです。
 
そして、もう一つ、選挙権が満18歳以上に与えられます。
私たち高校生にも選挙権があります。
 
改正公職選挙法により、選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられました。
1945年の終戦直後に「25歳以上」から現行の「20歳以上」となって以来、70年ぶりの出来事です。
 
「選挙」と言われても「自分に関係ない」と思っていたことが、急に「自分たちのこと」に変わる。
選挙と言われても…、実際にどう行うのかわからない。
そもそも、「選挙に行かなかったらどうなるのか?」なんて考えたことがない。
 
そんな出来事に直面する生徒たちに、選挙を「身近に」そして「自分たちのこととして捉えてほしい」という思いで、今回、佐賀市選挙管理委員会の方にお招きし、特別講義をしていただきました。

真剣に特別講義を受けています!
真剣に特別講義を受けています!

選挙権の歴史、選挙のしくみ、選挙の種類、投票率、投票の仕方、今後の選挙のスケジュールなど、詳しくお話ししていただきました。
 
参加した生徒からは、
「選挙権があるので親と一緒に行きます。」
「若者の投票率が低いのは問題だと思う。」といった感想や
「これから投票をする18歳に選挙の知識以外に何が必要なのか?」という意見も出ました。
 
真剣に「自分たちのこと」として考えている証拠だなと感じました。
自分たちの未来は自分たちが創る。
その気持ちを大切にしながら、日々の生活を送っていってほしいと思います。
 
選挙管理委員会の方、本当に貴重なお時間をいただきありがとうございました。
また、当日はNHK佐賀放送局の方に生徒たちの様子を取材していただきました。
5月27日(金)18:45〜19:00 放送予定です。