千葉県千葉キャンパスキャンパスブログ

こんにちは、猪股です。
先週末にKTCおおぞら高等学院 千葉キャンパスにて「前期卒業式」が執り行われました。
前期卒業式とは、例えば過去に高校へ在籍はしていたが単位修得に至らず辞めてしまっていたり、一度は社会人になったけれど高校卒業資格が必要になったりなど、様々な理由で卒業が3月ではなく半年ずれている生徒のための卒業式です。
もちろん年齢やその背景などは様々で、だからこそ私達と卒業後のことや、心理面でのサポートなど、本当に色々なことを話してきただけに、嬉しさや寂しさをとても感じています。
ですが、卒業生にとって卒業とは、通過点の一つに過ぎません。むしろこれから自分だけの道を歩いていかなければなりません。その道のりは、ある程度色々なことが守られている学生生活とは違い、責任が伴うものです。その厳しさも、在学中に何度も伝えています。でもきっと、高校を卒業した資格を持つことができた彼らは、乗り越えていけるでしょう。高卒とは義務ではありませんが、なければ生きていくには難しい世の中です。様々な背景はあれど、しっかりとそれぞれ自分の道へ向かっていく姿を誇らしく思っています。

KTCおおぞら高等学院 千葉キャンパスにて「前期卒業式」が執り行われました。