東京都東京キャンパスキャンパスブログ

今日のみらいの架け橋レッスンでは、東京すし和食調理師専門学校の講師の方にキャンパスに来ていただき、巻き寿司とシャリの握り方について教わりました!

職人の方曰く、「巻き寿司1年」「シャリを上手く握るのには半年」かかるそうです。

実際、職人一日目の生徒は悪戦苦闘…
海苔にご飯を満遍なく敷くのはとても難しいのです。

シャリを握るのも実際は手で掴んで15秒程で崩れるぐらいに程よく握らないといけないことや大きさにばらつきが無いように手の感覚で正確な量を把握しないといけない、など一見簡単そうに見えてとても難しい…

生徒たちはそんな寿司の奥深さを感じながら楽しく体験をしていました♪
そしてもちろん最後は皆で作ったものを試食して大満足!

美味しいだけではなく、とても勉強になる「みらかけ」になりました。(中井)

* * * * * * * * * * * *
見学会・個別相談会受付フォーム
フリーコール:0120-75-1105(通話料無料)