ちょっと見せて KTCみらいノート®

KTCみらいノート®
みんなの使い方を見てみよう!

ちょっと見せて:スクーリング

今回は千葉キャンパスの3年次生の山本愛理花さんのKTCみらいノート®を紹介します。
山本さんは、人見知りが激しく、屋久島スクーリングに参加する前は不安のあまり泣いてしまうこともありました。

しかし、スクーリングでの活動を通して友人ができたことで、「まだ帰りたくない!」と周りの生徒と言い合うほど楽しい経験ができたと話してくれます♪

そんな彼女のみらいノート®がこちらです。

楽しかった時間が蘇ってくるような、そんな素敵なノートです♪
皆さんも楽しかったことや嬉しかったことを是非言葉にして文字にして表現してみてください。

スクーリングでの出会い!
屋久島おおぞら高等学校 の先生とのつながりも、このKTCみらいノート®にしっかり記録されています。先生からの温かいメッセージもそこに... 一つひとつのつながりを感じて、大切な思い出としていつでも振り返りたいですね☆

生徒にとって初めてのスクーリングがあれば、コーチにも初めてのスクーリングがあります。
初めてスクーリング引率で訪れた屋久島の景色を書き留めてみました♪
どきどきわくわくしたあの時は、先々見返した時にどんな思い出になっているでしょうか?

中学生コースの生徒たちが、屋久島オンライン授業「屋久島の息吹」を受けた時の感想をまとめています。

屋久島の自然や屋久島おおぞら高等学校のことなどを学び、早くスクーリングに行ってみたいという気持ちを膨らませています。4月から新1年次生となる生徒が多く、新年度に向けて生徒もコーチも今から楽しみにしています。

2020年10月に転校してきた3年次生のKTCみらいノート®です。
卒業を控えた2021年1月に屋久島スクーリングに参加しました。

屋久島での初日を過ごした感想やスクーリングの目標について書かれています。
最後まで全力で向き合おう! と決意して、取り組めたようです。

屋久島で出会った仲間のメッセージも記されていました。
全国に頑張っている仲間がいるのはとても心強いですね。

彼は卒業後は、社内SEになるために、専門学校に進学します。

2020年5月に転校の3年次生。
初めてのスクーリングが、素敵な経験と貴重な学びになったと聞いて一度のスクーリングも何かのきっかけになることを改めて実感しました☆
今後の活躍も期待しています!